fukugen(福言):出会い気づき変わるためのヒント

「モチベートがかからない」とか「やる気がでない」という質問をよく受けます。私は、人との出会いや映画、音楽、本などに救われてきました。なかでも、人のことばは、大きな意味をもちました。これからは、そういうことを思い返しながら、生きていくのに基礎となった一般教養や歴史、データなどのピースを散りばめていきます。ご興味があれば、そこからググってください。あなたがこの社会と結びつき、生きていくエネルギーとなるのに、少しでもお役立ちできたらうれしいです。[2021/08]

02.声・音楽・芸能・芸人・日本語・話し方・ヴォイスコミュ

言論の自由と価値  阪神淡路大震災27年

あぶさん、ドカベンの水島新司さん、死去。 阪神淡路大震災、27年前の朝5:47、これが、17:47だったら。 壊れたところ以外の、耐震化は進んでいない。 〇ことば、思想、対話 考えは、ことばにして述べていくしかありません。ことばゆえに限界があります。こと…

ソフトとシステム 三鷹駅 NHK女子アナランキング

JR三鷹駅では、地元に縁のある作曲家中田喜直の童謡「めだかの学校」が2010年から発車メロディーに使用されています。一番線では、「そっと覗いてみてごらん」が二回くりかえされます。これは盗撮に配慮しなかったのでしょうか、ミタカだけに、気になるのは…

打ち合わせの方法 ブレイク芸人ベストテン

今年最後まで、おつきあい、ありがとうございました。 今年、ブレイクした芸人を見ると、昨年大きな賞を取った人たちの活躍が目立ちます。もう中やシソンヌも入るのですね。 錦鯉の下積み苦労話の番組も見ました。50歳になって頂点を極めるのは、素晴らしい…

日本の実力 識字率 メディア GDP 競争力 半導体

文字の偉業について、先日述べたので、メディアについて調べてみました。 〇文字読めない人、人口の半分の世界 およそ70年前、1950年、世界の人口は24億人。 わずか70年前には、今の3分の1だったのですね。 「世界の人口、何人と習った?」で、その人の年…

 エモい 赤ちゃんの名前

「エモい」 チルいよりは一般化していると思いますが、微妙に使い分けられているエモいについての意味です。 感情が揺さぶられた グッと来た、感動した 怒って感情を露にする 哀愁を帯びたさま 趣がある 悲しい、寂しい うれしい、切ない、寂しいなど、複数…

オミクロンと今年のキーワード

「オミクロン」 音声入力でオミクロンと入れるとoと出てしまいます。 世界保健機関(WHO)は、今回の変異株をオミクロン株としました。株価が急落して「オミクロン・ショック」でしたね。 オミクロンとは、ギリシャ文字のアルファベットの15番め。 ギリシャ…

民主主義について メルケル首相退任

メルケル首相の民主主義 メルケル首相が8日に退任します。ここでは触れませんが、このことによって、どのようなことが起きるのかを考えてみましょう。 コロナ禍での発言で、民主主義にまで深く言及したのは、メルケル首相でした。この国家危機、いや世界的…

ことばと視点に対する声

見えなくとも、聞こえてくるものがあります。 姿ではなく、ことばのニュアンス、音、匂いなどで得られるものなどです。 見るのではなく聞くこと、語りかけてくるものを聞くのです。 それが観ることです。観音様のように、音を観るのです。 「声とことばと視…

コミュニケーションと問い

他の人の知恵を得るために、必要なのが、コミュニケーションの能力です。 「問うて知る」 できないこと、知らないことに気づくこと、それを認めて、対処することです。 それには、問いを発して得るのです。聞いてみれば良いのです。 「知識と自分」 知ってい…

外のつながりと内の力 眞子さん渡米 ABBA復活

眞子さんと小室さんがご出発なさいます。あの結婚会見については納得しない国民も多いそうです。皇室らしさという期待には沿わなかったのでしょう。批判などをせずに自分たちの思いを認めて許してほしいという発言が望まれていたのでしょう。 日本の天皇制国…

議論のルール 大谷最優秀選手 移民問題

大谷翔平選手が、アメリカ大リーグ選手会のプレイヤー・オブ・ザイヤー、ア・リーグの最優秀野手、またスポーツメディア、ニュースの年間最優秀選手にも選ばれました。メジャーの選手184人の投票で、56%の支持です。 こうした世相において、今シーズン、大谷…

相手を持ち上げることばと懐かしの死語

相手を持ち上げて、楽しくするには、どのようにすればよいでしょう。 具体的には、次のようなことに留意しましょう。 ・あいさつに笑顔とちょっとしたほめことばを加える ・相手のことばをそのままくり返して、ちょっと質問する ・さらに、ーより、―すぎ、ま…

褒め言葉とだめ言葉 使わない方がよい言葉

褒め言葉の、「さしすせそ」は、すっかりなじみの言葉となりました。 言い換えなどでも、よく使われます。 女性はよく知っているようですし、男性はそういう言葉に弱いとなっています。念のため復習しておききましょう。 「さすが、知らなかった、すごい、セ…

報道ジャーナリストと映画「MINAMATAーミナマタ」

ノーベル平和賞で、ジャーナリスト2名が選ばれました。これは報道の自由が脅かされていることの裏返しです。権力の乱用から戦争の危機にまで関わります。 ジャーナリスト保護委員会によると、昨年末で投獄されているジャーナリストは世界全体で274人で最多、…

鑑賞と正義と表現 モニタリング

ニンゲン観察バラエティー「モニタリング」の番組は、以前、小林幸子、天童よしみなどで、プロの歌はいかに違うかを取り上げました。ここのところでは、石井竜也さんや華原明美さんが出ています。X JAPANのToshi さんは、全体的な構成からメリハリの付け方、…

学問と小説と「大地の子」

国學は、一君万民の思想を普及していきました。一方、外国語の辞書が普及します。そのことは、他の国の人の存在を認め、違う立場の人を学ぶことになったのです。 小説は、いろんな出来事を俯瞰してみる訓練になります。 読書で思考して、公やナショナリズム…

日本の近代化と日本語特質と日本人の品位 白鵬、大谷、真之、子規

白鵬の引退でいろいろと取り沙汰されています。歴代最長14年間、角界を背負い支え続けてきたのですから、敬意と祝福を捧げたいと思います。品格などの問題があったという角界こそ問題だらけ。鬼になって勝ちに行くことが横綱相撲、という考えで史上最高の成…

息とプロンプター

プネウマとは、ギリシア語で風、息、精霊のことです。ラテン語でSpiritus、英語でSpirit、精気、気息と訳されます。 アメリカの大統領から日本の総理までがスピーチのときに、使っている電子で文字を出す透明版は、カンペ(カンニングペーパー)で、プロンプ…

言語と情調 語感

折口信夫の「言語情調論」では、 「言語表象の完成は、音声の輻射作用によって観念界に仮象をうつし出すことによって得られる」と述べられています。これは、音声を聞くと、ある気分が出てくるようなことです。 「音覚情調」(聴覚情調)を形成するのは「音…

ベルモンド死去、「男と女」、月、宗教、身体

フランスの俳優ジャンポールベルモンドが、9月6日、88歳で死去しました。「勝手にしやがれ」の俳優です。9日に国葬され、マクロン大統領夫妻、アランドロン、クロード・ルルーシュ、ギョームカネ、サルバトーレアダモなどが参列しました。70歳でもうけた末娘…

声と音に親しもう

ことばの音のイメージは、風景や感情とストレートに結びつきます。 歌も俳句も、音が主で、ことばは従と、私はみています。 書として楽しむのは趣があり、日本人向けですが、元々、 和歌は詠みあげるものでした。メロディやリズムの力が働きかけるのです。 …

主人公はいらない日本人

日本語には、主語がないと言われますが、欧米のグラマーで体系化するからです。主語というのなら、私を表すものだけで数えきれないほどあります。相手によって、使い分けるので、我が強いのでなく、関係性で使い分けるのです。 もちろん、主体をはっきりさせ…

「運動、アスリート、動線」

音楽、歌唱は、まさに時間軸での動きです。 それは、ことばも同じですが、運動の方がずっとわかりやすいでしょう。 特に武道、スポーツは、線を描くので動線を辿れます。スローモーションやコマ送りで達人の秘訣の形を目で分析できるのです。 達人は、時間の…

「街で聞こえた声の変遷」

私は、先日、篠笛が吹ける人が少なくなり、テープも摩耗し、リコーダーで代替してよいものかという関係者の悩みを聞きました。 明治の頃、芸妓の太鼓、三味線、歌声、銭湯からは、浄瑠璃、清元、都都逸、端唄、小唄が聞こえました。常磐津、長唄、日本舞踊は…

「バイデン大統領の吃音」

バイデン大統領は、幼い頃から吃音で悩んだそうです。自伝『Promises to Keep』の第一章は「障害」です。子どもの頃、小学校で朗読中に質問され、答えようとしてついどもったところ、教師は「バ、バ、バ、バ、バイデン君」と話したので、彼は教室を飛び出し…

声と耳の科学の限界 2016/06/15

例えば、「カクテルパーティ効果」というのが発見され、命名されたと。でも、そこからの耳のフィルター能力など、未だにほとんどわかっていません。耳で聞いたらわかることを、データとしてあげて、それを少しずつ理論にしているだけです。それが耳で判断で…

「信じ切るためにすべきこと」 2011/09/01

日本人はおてんとうさまのなりゆきにまかせて、まわりの人の行動に習えと生きてきました。しかし、これからの時代、より自分の判断する力をつけ、それを信じ切り、すぐに行動にうつせるかどうかが生死さえ分けかねないのです。まして、芸事や仕事では、いう…

「11.3.11 その5か月後に巡りて」 2011/08/12

ガレキという名で、残骸がつまれている。ハイチでは、人の体は死体となりつみあげられていた。ベルリンは空爆のガレキの山がある。アウシュビッツでは…。広島、長崎では…。 東北は殊の外「故郷(ふるさと)」の唄がとても合う。賢治や啄木や稲三(新渡戸)が…

2011/07/25

○可能性と限界をみること 素人の世界では、やった分、伸びます。やっていない人より、より優位にたてます。プロとなると、みんながやっているので、やればやるほど、はるか上の存在に気づきます。自分の能力がすべて限界と思えて、八方塞がりになります。そ…

節制

B'Zの二人も、今や44歳と47歳。その長き功績は、才能はともあれ、日常の節制にある。ヴォーカルの稲葉は、2004年にのどの手術をした。そこからの彼のストイックさは、声に関して徹底していた。 温度は、50%を保つ。のどや体を冷やさないために、エアコンを…