fukugen(福言):出会い気づき変わるためのヒント

表現、創作、スピーチ、雑談のネタの欲しい人、今の自分と社会・世界を結びつけたい人、考えを深めたい人に

司法と医療の闇  徳田虎雄氏死去

徳田虎雄氏死去。一度、お会いしたことがありました。

<元衆院議員。神奈川県内の病院で死去。7/10 。 86歳。鹿児島県徳之島町出身。2002年に難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患い、闘病中だった。1973年に大阪に「徳田病院」を開設。その後に全国規模の医療法人「徳洲会」グループを創設した一代で日本最大級の民間医療グループを築き上げた。1990年衆院選に旧鹿児島奄美群島区から出馬し、初当選。通算4期務めた。旧自由連合を結成し、村山政権で沖縄開発政務次官を務め、2005年に政界を引退した。>

 

 

続きです。

最近の番組では、

 「NHKスペシャル、法医学者たちの告白」#6月30日

ETV特集 死亡退院さらなる闇」# 6月29日

、これらは、けっこう、衝撃的な内容でした。

 

日本の司法や医療の体制は、

表にならないところ、

メジャーではないところにおいて、

あいかわらず、こんなにひどいのかと。

組織があって、事勿れで、

あたりまえのことを正せる人間がいない。

映画やドラマの話では、ないのです。

 

日本では、報道もひどいが、こうして、切り込み、公にすることをがんばっている人は、まだいるのが救いです。

そういうところを支え、改善への圧を

私たちが絶えず、かけていかないと、

とんでもない世の中になるのです。

 

#「法医学者たちの告白」

<初回放送日:2024年6月30日 警察や検察から解剖の依頼を受け、死因を判定する法医学者。判断を間違えば、犯罪を見逃したり、えん罪を作り出したりすることにつながる。

彼らの仕事は科学的で中立性が高いと信じられてきたが、検察側と弁護側の鑑定結果が対立するケースも少なくない。裁判のやり直し=再審において争点になることも多い。法医学者になる医師も減っている。一体何が起きているのか。法医学者たちの初めての告白から日本の司法制度の課題に迫る。>

 

番組内の事件では、

袴田巌さんの再審
足立区 首なし殺人事件(1996年)
栃木小1女児殺害事件(2005年)
ハワイ マノア一家心中事件(2024年)

 

 

#「死亡退院 さらなる闇」

<初回放送日:2024年6月29日 NHK ETV

去年2月、東京八王子にある精神科・滝山病院で虐待が発覚。看護師らが逮捕され、東京都は改善命令を出した。事態は解決するかに見えた。しかし、患者の転退院は思うように進まず、死亡退院率は高いまま。なぜなのか?

独自取材から見えてきたのは、患者の引き受け手をめぐる精神科病院や行政の現実、家族会の本音。さらに、滝山病院の「過剰医療」をめぐる不可解な実態だった。その内実に、内部資料や関係者の証言から迫る。>

 

 

fukugen.hateblo.jp

fukugen.hateblo.jp

 

 

“崩壊するニッポンの司法”

週刊SPA(7/16、23)の記事で、

高等裁判所判事で、今年の4月に罷免された、あの岡口基一さんの連載です。

あの、というのは、上半身裸の画像投稿やツイートで弾劾裁判にかけられた、あの、です。

 

日本の司法の問題を指摘しています。

副題が、[「白ブリーフ判事」が見た崩壊するニッポンの司法]

その4回目です。

 

私には、正誤の判断はつきませんが、

さもありなんという、内容です。

 

日本の民主主義や自由が、

アメリカの支配下の政権とそのお友達たちに牛耳られているのは、もはや繰り返す必要もないでしょうが、

その体制は、強化される一方で、

着々と進んでいるという一例です。

 

そして、私がみるに、

あの、なことがなくとも、彼は、罷免されたし、

あの、なことで、世間から、罷免されても当然だと、

信用を失っていることで、

逆に、権力から、身を守っている、

そして、こういう発言をしているのでしょう。

 

道化者の本音、

こういうことこそ、お笑い芸人が行うことだとも思うんですが、、、。

 

 

以下、岡口基一さんの、連載からの引用です。、、、は、中略。

 

<、、、日本の裁判官は、諸外国のように多くの実務経験を積んだ弁護士から選ばれるのではない。だから、司法修習を終えたばかりのド素人が法廷に座る。

、、、

一時期、諸外国を見習ってこれを改めようと制度改正の気運も高まったが、裁判所当局と自民党がそれを潰したという経緯がある。

、、、>


民事だけでなく、刑事事件もだそう!ありえんでしょ?

 

<ときに、「令状発布マシン」と揶揄されるように、若い裁判官は経験も自信もないから検察の言うことに従ってしまい、捜査機関もそれを熟知している。

例えば、市民団体を弾圧するために、新任判事補が当番の日を見越して、およそ犯罪になりそうもない事実で市民活動家の逮捕状を請求するのがそれだ。

、、、、

大川原化工機事件では、、、、、

保釈を認めなかった裁判官の中に判事補が混じっていた。

しかし、判事補が行った令状処理について、裁判所が組織として謝罪したり、検証したり、再発防止策を検討することはない。

なぜならそれは、保釈をしなかった裁判官の判断であり、その責任を負うのもその裁判官だけだからだ。

「裁判官の独立原則」は、このように都合よく利用される。、、、、>

 

法の不祥事 鹿児島県警 

鹿児島県警の不祥事で、いろんなメディアが抗議声明を出しています。

これは、県警職員の犯罪行為を隠蔽しようとしたことへの、前生活安全部長の内部告発に対し、家宅捜索で逮捕、

裁判官がそれを許可したのです。

批判に対し、警察署が、監察官を派遣して、検証するとしたのですが、

結果、隠蔽の指示はなかったと。

国家公務員である前生活安全部長の逮捕は、県警が警察庁の裁可を得てのことでしょうから、

自分でやったことを自分が検証するという、ありえないことが行われているわけです。

 

日本では、司法や警察が当事者になると、取材源秘匿や内部通報者保護制度が、脅かされている実態が明らかになっているからです。いうまでもなく、警察と裁判官が組んでしまうととんでもないことになります。

 

公益通報への弾圧、報道や表現の自由への脅威に、

なぜ、日本のアーティストなどは、

無関心、無発言なのでしょう。

今に始まったことでありませんが、、。

 

まあ、メジャーなアーティストは、政治に関わらない、

結局は、体制派、で、

日本のファンもそこで支持するのですから、

こういう構図のまま、続くのですが、、、。

 

都知事選、若者も、石丸伸二氏にやや多めに投票したくらいで、

現状容認なわけで、保守体制気質なわけで、

都知事も変わらないわけです。

 

 

fukugen.hateblo.jp

fukugen.hateblo.jp

 

 

日本のフィクサー 田中清玄

 

フィクサー

 

日テレで、「フィクサー」放映していました。

フィクサーといえば、

ちょうど、NHK安保闘争の番組で、

全学連委員長唐牛健太郎を援助した人物として

田中清玄#

が、出てきたので、

紹介します。知る人ぞ知る人物です。

 

 連続ドラマW「フィクサー Season1」#

<日本を動かすのは、総理か、黒幕か――。

唐沢寿明を主演に迎え、数々のヒット作を生み出した脚本家、

井上由美子フィクサー>

 

#田中清玄(タナカ キヨハル)

<1906年〜1993年、昭和2年東京大学在学中に共産党入党。4年同党再建中央ビューロー委員長となり、武装闘争を指導。5年検挙投獄されたが、16年に母親の自殺を聞き転向出所

龍沢寺(三島市)の山本玄峰のもとで4年間禅を修行し、以後反共主義者として活動。

19年神中組設立、22年三幸建設工業と改称し、社長、30年退任。

35〜45年下田ガス社長。この間、37年田中技術開発を設立し社長。インドネシアペルシャ湾岸の石油開発や輸入に活躍し“政商”と呼ばれる。また“黒幕”“怪物”“右翼”とも称される様々な顔を持ち、35年の安保闘争では全学連委員長唐牛健太郎資金援助、40年インドネシア共産クーデターに際しスハルト政権の実現に協力するなど、昭和史の舞台に欠かせない登場人物だった。著書に「統治者の条件」「世界を行動する」「田中清玄自伝」他がある。(Wikipedia編纂)>

 

 <最後に「田中さんは右翼だと思っていましたが」と尋ねられると、こう答えた。

あんた、なんだと聞かれたら、本物の右翼だとはっきり言いますよ。

右翼の元祖のようにいわれる頭山満と、左翼の家元のようにいわれる中江兆民が、個人的には実に深い親交を結んだことをご存じですか。

一つの思想、根源を極めると、立場を越えて響き合うものが生まれるんです。中途半端で、ああだ、こうだと言っている人間に限って、人を排除したり、自分たちだけでちんまりと固まったりする〕。

 また、こう、続けた。〔政治家なら国になりきる、油屋なら油田になりきる、医者ならバクテリアになりきる。それが神の境地であり、仏の境地だ〕と。

 このとき田中清玄は88歳だった。(松岡正剛 千夜千冊)>

 

 

fukugen.hateblo.jp

fukugen.hateblo.jp

 

ディオールのブラック労働 ブランド神話

◯高級ブランドの虚構

 

いまさら、いうまでもないことですが、

ブラック企業は、

ブランドにも。

 

ディオールが、

労働者から搾取して、

9,000円くらいでつくったバックを45万円以上で

売っていたということです。

そこまでの芸術的価値があるかどうかは、

買う人の価値観によりますが、

 

価格を45,000円くらいにしろ、

というよりは、

労働者に45,000円くらい払えよ、

と言いたいところです。

 

資本主義のもたらす典型的な悪例のひとつでしょう。

 

それにしても、日本人だけではないのですが、

単にブランドに惹かれる愚かさ、

いまだに

ブランドは高いが、その分、質がよいと、

信じているのでしょうか。

 

そろそろ、見栄からの脱皮を。

 

 

 

<イタリア・ミラノ郊外を拠点とする中国資本の下請け業者2社が、労働者を搾取していたとの調査結果を受け、ミラノ裁判所は、LVMH(モエ・ヘネシールイ・ヴィトン)傘下ブランドのクリスチャン・ディオールを1年間、司法管理下に置くとした。

これは、ジョルジオ・アルマーニサプライヤーの監督を「非難に値するほど怠った」とする4月に下された同様の判決に続くものであると、ロイターは報じている。

 

ディオールは「実際の労働条件や下請け会社の技術的能力を調べる適切な判断」を怠ったとの過失が認められた。

 

イタリア警察は、ディオールの皮革製品の製造を請け負うペレテリア・エリザベッタ・ヤン有限会社とダヴィデ・アルベルタリオ・ミラノ有限会社の2社を査察し、これらの調査で、次のようなことがわかった。

 

・1日24時間の労働力を確保するため、工場で寝ることを余儀なくされた労働者がいた

・電力消費量のデータマッピングは「休日を含めた昼夜にわたる間断ない生産サイクル」を示していた

・労働者がより迅速に作業できるようにするため、製造設備の安全装置が強制的に取り外されていた

・多くの労働者はイタリアに不法入国しており、正規の契約を結んでいなかった

 

このような非倫理的な行為によって、ある製造業者は「イタリア製」のディオール・ブランドのハンドバッグ(ディオールの製品コード「PO212YKY」)を53ユーロ(約9000円)でディオールに供給し、ディオールはそれを48倍もの2700ユーロ(約46万5000円)という価格で販売していた。

 

過去1年間にディオールは、ペレテリア・エリザベッタ・ヤンから75万2881ユーロ(約1億3000万円)、ダヴィデ・アルベルタリオから73万7623ユーロ(約1億2700万円)、合計で150万ユーロ(約2億6000万円)近い額の請求を受けている。48倍の小売価格に換算すると7000万ユーロ(約120億円)以上に相当する。>

 

 

都知事選結果と国際情勢

都知事

公示から、3日目には、この結果は、ほぼわかってしまっていたので、

それでよいのかと、いうことが、都民に問われる選挙でした。

 

つまり、蓮舫さんが、あのスピーチでは、空回りするから、到底、相手にならず、石丸氏にどのくらい流れるか、でした。

結局のところ、日本人は、保守的なのです。

東京でさえ、変わるのをよしとしない。

だから、政治家に好きにされてしまうのです。

 

 

◯フランス選挙と安倍晋三氏三回忌

フランスでは、6月初め、右派が議席を大幅増。国民連合が、マクロン大統領の与党の中道連合の2倍、票を得ました。

マクロンは、解散して総選挙。

で、6月30日の仏下院議員選挙の1回目の投票は、右派33%、左派28%、中道20%、マクロンは3位に。

それが今回、左派政党連合が大躍進、182議席、与党連合は、168議席、右派の国民連合は、失速して、143議席

こうしたダイナミックな動きは、よしあしありますが、

停滞する日本からみると、うらやましいですね。

 

スロバキアでは、右派のロベルト・フィツォ首相、5月に銃撃されて重傷。

安倍晋三氏の事件と重なりました。もう、3回忌でしたね。

メキシコのように、候補者が毎回、何十人も殺される国よりよいのは、確かですが、、、。

 

 

fukugen.hateblo.jp

fukugen.hateblo.jp

fukugen.hateblo.jp

 

最近の散策 谷中 原宿 半蔵門 多摩センター

酷暑、お見舞い申し上げます。

 

 

谷中商店街のついで

◯朝倉彫塑館

 <朝倉が、熟慮を重ねて配した巨石と樹木が濃密な空間を作り出しています。

朝倉の弟子、山田政義氏によると、朝倉は、この庭を自己反省の場として設計し、五つの巨石は五常を造形化したといいます。

 

仁も過ぎれば弱じゃくとなる

義も過ぎれば頑かたくなとなる

礼も過ぎれば諂へつらいとなる

智も過ぎれば詐いつわりとなる

信も過ぎれば損そんとなる>

 

 

半蔵門ミュージアム
駅直近、無料、立川の真如苑のもの。

<半蔵門ミュージアムは、仏教美術を中心に真如苑が所蔵する文化財を一般公開するための文化施設です。地下1階の展示空間では、運慶作と推定される大日如来坐像(重要文化財)や、ガンダーラ仏伝浮彫を常設し、仏像や仏画、経典などを定期的に入れ替えながら展示します。>

 

 ◯ハラカド

原宿です。ついでに、五階で、とんかつ食べました。斜め向かいのは、オモカドに改称するとか。

 <原宿の東急プラザ原宿「ハラカド」。高円寺の銭湯「小杉湯」の2号店や、さまざまなクリエイティブカンパニーが手掛ける店舗、個性豊かな飲食店など、全9フロアに75店舗。オープンは、4/17でした。>

 

 

多摩センターで

◯東京都埋蔵文化財センター


無料です。

 <多摩市落合1丁目、竪穴建物を復原し展示。都内の埋蔵文化財の調査、研究、収蔵を行うため1980年に設立。建物は多摩ニュータウン内で出土した土器・石器類などの出土遺物を収蔵する目的で1985年に建設。

研究成果を展示する施設として「展示ホール」、復原施設として「遺跡庭園」を併設している。>