パーティ券🎫にみる日本人の凋落 裸の政治家

◯縦社会での個人主義の害

働き方改革で、余計に苦しむことになった人の少なくない労働負担に、

今更ながらの、パーティ券#の件も、

ですが、毎日、不祥事の報道が続きます。

いちいち、取り上げる気も失せます。

どうして、この国は、実質でなく、形だけの理不尽なことが罷り通るようになったのでしょう。

 

日本社会では、一対一の人間としての対応で、

信頼を元にして、一見、その場では不条理なことのようであっても、

どこかで元がとれる、

ギブアンドテイクで、還ってくる、

そういう信用を暗黙の了承として成り立っていました。

 

ところが、これが、多分、団塊の世代という自分だけ、

そして、今だけしか考えない世代以降、

失われていったのでしょう。

目一杯、テイクされても、自分はギブしなくてあたりまえに思う人の多い世代です。

その理由は以前に、述べました。

 

アメリカに憧れ、個人主義に染まりつつ、根っこは、日本古来の上位下達に同調圧力の絆が根を張ったまま、といえばわかりやすいかもしれません。

 

彼らが第一線から去っても、

忖度での出世組は、改革できないから、

その傀儡として、地位と権力を与えられているから、

重しの外れてきた今、内部告発などで、

旧体制の理不尽、不条理なところが、次々に表立ってきたのです。

 

そうして、縦社会の日本の慣習にあった、それなりの美徳やよさを、

グローバル化でなくしたところに

残ったものは、絶望感、

未来への希望、ヴィジョンのなさ、

それは、人間社会への不信となり、こうした状況がでてきたのです。

 

 

#パーティ券 発言撤回

<政治資金収支報告書に記載されず裏金になっているのか、に対し、塩谷立座長は「そういう話はあったと思う」と語った。その数時間後、一転、「事実を確認しているわけではないので」と、自らの発言を撤回。

安倍派に所属する松野博一官房長官は1日の記者会見で「政府の立場としてお答えは差し控えたい」と繰り返し、回答を避けた。>

 

 

「撤回」#って安易に使うな、事実は残ると学べって。

取消しといわないのは、悪あがきで、見苦しいだけです。

なぜ、政治家なのに、口が軽く、肝心な答弁はできず、

いまだに今の時代を学べないのだろう。

 

 

#撤回

 

#団塊の世代

fukugen.hateblo.jp

fukugen.hateblo.jp

fukugen.hateblo.jp