馳浩知事発言、「撤回」を突けぬマスコミ

馳浩#石川県知事、オリンピック暴露発言撤回

発言したことを 撤回で片付けようとするのは、

もはや、公人の資格は、ありません。

 

それにしても、マスコミの追求の甘さ、

撤回と言われた内容を何度も聞いて、その都度、撤回したと言わせて、

その繰り返しでは、しょうもないでしょう。

 

なぜ口を滑らしたのか、

嘘を言ったのか、冗談か、

妄想か、精神状態がおかしかったのか、

など、資質を問う方で、追求すべきでしょうに。

 

元々、彼は、一言多いことで有名な、元国語の先生で、文部大臣でしたが、、。

デジヒロシで、AI利用をしていたような、、、。

 

◯撤回しても、事実は残る

「撤回」とは、「発言・提案など、先行する場面での行為等を後に取り下げることをいう」

法律上の用語としては、「意思表示を行った者が、ある行為を将来に向かって無効とさせること」です。
(ちなみに、「取消」は、それと異なり、「過去に遡って」無効とさせることです。)

つまり、撤回は、将来に対し、なかったことにすることはできますが、

発言したという事実をなかったことにはできません。

そこを突くことが、なぜ、できないのでしょうね、マスコミは。

 

 

<#馳浩 当時、五輪招致本部長。発言内容は、

東京オリンピック招致のため、官邸機密費2100万円を使った。

1冊20万円のアルバムを105人のIOC委員に配布した。

安倍晋三総理が「金はいくらでも出す」と語った。>

 

誰でも、もうこちらが事実だろうとわかります。

なので、こういうおめでたくバカ正直な人が要職につくのは、

民主主義的には、よいことです。

ただ、暴露されたことで、何が変わるかが問題です。

果たして、よい方に転ぶのか。

 

札幌は、再び、オリンピックに名乗りをあげにくくなるし、

万博もさらにイメージ悪化するかも。

いや、もう、落ちるとこまで落ちているんでしょうけど。

今後、この取り扱いに注目してみましょう。

 

 

fukugen.hateblo.jp

fukugen.hateblo.jp

fukugen.hateblo.jp

fukugen.hateblo.jp