DJ SODAさん 法とモラルと炎上 プリゴジン氏の死

◯ブリゴジン氏墜落死

プリゴジン氏の死をめぐっては、プーチン大統領の関与が取り沙汰されています。私は、いつ粛清されるかとみていたのですが、10人も巻き込んで、となると、そこまで暴虐非道な人物と評されることを選ぶのかとも疑うのです。それとも裏の裏?

「奥さんが保険をかけて、やったのでしょう」などと、

私は、まわりにつぶやいたことをこのブログによくまとめているのですが、

こういう不謹慎なことは、たとえ冗談でも、公にしてよいのか、

かなり葛藤し、黙殺することも、しばしばです。

今回、あえて、出してみます。

言えるけど、書けない例の一つです。

人の死には、誰であれ、哀悼の意を表します。

こうしたことも含めて、今月末の問題提起です。

 

◯DJ SODAさんの訴え

大阪の音楽フェス「MUSIC CIRCUS」8/13に出演した韓国人人気女性DJ SODAさんが、日本での被害をSNSで公表しました。

 <刑事告発されたとみられる大阪と福岡の男性2人が警察に出頭。さらにもう1人、女性は「SODAさんが近くまで来た時に右胸に自分の右手を押し当てた。そして、フェンス越しに抱きついて肩にキスをした。SODAさんが目の前に来てうれしくて体を触った」などと話しているということです。警察は不同意わいせつの疑いも視野に捜査しています。>

 

◯炎上と社会変革

こういうのは、論じるまでもないことです。パワハラ、セクハラ、暴力は、犯罪で、その程度によって、処罰される対象だからです。

それを、韓国人とか、露出の服とか、観客に寄ったとか、意見して、炎上して、謝罪したり消去している著名人や一般の人もいます。行き過ぎると、犯罪に加担することになりかねません。差別、ヘイトにまで広げるのは、とんでもありません。

もちろん、本気で自分の意見や行為が正しいと思えば、それを貫き、裁判で決着つけることは、民主主義では保証されています。誤りを正すことも。

 

で、日本では「痴漢大国」がキーワードに。

駅の張り紙の「盗撮注意」など、日本人としても情けないことが早く不必要となり消滅していくよう望みます。警備も含め、人材や税金は、もっと有益なほうに。

 

 

ただ、韓国での反応は、冷ややか、というのも、以前から、彼女は、韓国では、お騒がせ者扱い#もされているから、のようです。

ファンとのハグまでOKとしていて、そこで、あの現場で衝動的な状況で起きたこと。あの状況で、20歳の男性2人と21歳の女性に特定されたのも、この時代ならでは、でしょうか。

対日感情の変化も関係ありそうです。

一方、フェスでも、まして公共の場では、マナーはあるのですから、TPOを踏まえず、自分のファッションとして、なんでも主張してよいことにならないのは、理解しなくては、と思います。行き過ぎると、刑法に引っかかるでしょう。

(けど、これらは、今回の件は、関係ありません。)

 

#<彼女は、昨年、米国から韓国に帰国する際にも騒動を起こしている。英語のFワードがプリントされたパンツを着用して、アメリカン航空から「風紀を乱す」として着替えるように注意を受けた。他の搭乗客もいる前で着替えるように強制されたとして「屈辱的な差別を受けた」と主張し、物議を醸していた。>