「歴史の真実と記憶のズレ」

歴史を学ぶと、数多くの出来事のわずかに、12つのことを知って、私たちは、それが本当の過去と思っているということがわかります。

たとえば、私が、この2週間、ある舞台のことしか考えていなかったと言って、手帳にも「○○の舞台」としか記入していなくても、食事もトイレも新聞もニュースをみていたことも、あるいは、メールや電話もしていたこともあるのに、その方が多いのに、そこは記憶からも記録からもすっかり抜けてしまっているのです。

だから、誰かがそう言ったという記録は、嘘ではないとしても、必ずしも真実でもないのです。

いろんなことが次々に起こっているのに、そこで意識して残したものだけが歴史になります。個人なら、過去は思い出によって記憶され記録されるものです。だからこそ、「今、ここ」のトピックスでしかないのです。

                     [428]