オリンピック回想とメンタリティ

ようやく室伏選手に金が届いた。

それにしても、個人ばかりが秀でてたわね(体操も個人の総合点として)。

山本ジャパン、柳本ジャパン、宇津木ジャパンとは、

監督の方が目立ったのは、ダメだった。

もちろんそうしたのは、マスコミ報道のおかしさだけど。師弟愛?がトレンド?

メディアがすべてを作っていく。だから、メディアのゆがみを先にみることよね。

二宮清純さんによると、柔道は「日本が1本とるもの」というルールメイキングをして、

膠着状態をなくした。

勝負に勝つ楽しみが、少しはわかったかしら。

でも、他人が勝つのをみる楽しみになっているだけかもね。

それにしても、長嶋さんがいなくて、

代わりに監督をたてられなかった日本人のメンタリティって・・・。

あの戦争の頃の大本営とやら、あるいはそのころのマスコミと直感的に似てて、

こわいと思うのよね。

左ピッチャーに右の代打がいないとか、阪神ジェフ・ウィリアムス

二度もオーストラリアに負けたとか。

素人が何いってもしゃあないけど、それさえ為さずに、

まさに日本の、日本らしい負け方だわね。

これがどうも小泉さんと自由党にかぶさるのよ。