日本語論

テンヲハで入れ込む日本語は、だから何でも外来語を受容しやすかったのね。

オノマトペは、漫画表現へ応用された。「タラー」とか・・・。

日本語= 具体的 感覚的 (非抽象的 理念性)

外にわかりにくい 以心伝心 フィーリング

感情のニュアンスを描写できる。

・・・ということで、

日本語は、造語 誰がいつ作ったかわからないのがたくさんあるわ。

維持的 生成的 雰囲気的なもの

欧米語は、語源や変化、有余時期わかる(対立的 既定的 演繹的)

帰納的 協調的 発見的 創造的なのよね、って勉強よ。

(NHK日本語なるほど塾