表記について シュールとシュルレアリスム

シュルレアリスム、出たついでに、

 

シュルレアリスム

日本でのシュルレアリスムは、無意識や偶然性といった考え方ではなく、形式として取り入れられ、端的にいうと、ありえない組み合わせの絵画のことのようになりました。

 

私などは、十代の頃、シュールレアリズムと言っていたような気もしますが、

シュルレアリスム surréalisme フランス語

 シュールリアリズム surrealism 英語

です。

  アンドレ・ブルトンの『シュルレアリスム宣言』に発した語なので、

 フランス語の表記を優先してよいのでしょう。

 

 シュルレアリスムは、超現実主義と訳されてきました。

これは「現実を超えている」で、超は、「現実とかけ離れている」という意味です。

要は、「幻想的な」であり、「非現実の」です。超は、非なのです。

日本語で「シュール!」などと言う場合は、そうした意味のほかに「サムい」のニュアンスもあったりします。

 

この「超」という日本語が、「チョー」と使われるようになり、さらにややこしくなりました。超えるというのが、より程度を強めたもの、並外れた、ケタ外れ、桁違い、とんでもない

もの、

であれば、英語では、スーパーです。

でも、スーパーリアリズムSuper Realismは、写真と見まごうほどそっくりな絵画などをさします。これは、シュルレアリスムとは、全く別方向です。

 

こういうややこしいことは、よくあります。

プライスレスpricelessなど、英語を習った頃、パッと出てきたら、反対の意味に取りかねないですね。valuelessとは、逆ですね。primeというのもあるし。

 

ちなみに、英語で、チョーというのは、chore です。

その意味は、

<雑事、雑用、〔家庭内や農家で毎日行う〕仕事、作業。

炊事、洗濯、家畜の餌やりなど毎日決まって行う作業。

面倒な[つまらない]作業。

Cleaning is never a chore for her. : 彼女は掃除を少しもおっくうがらない。

雑用をする(参考 英辞郎)>