恐竜展、マティス展、古代メキシコ展など

このところ、なんやかんや、上野によくいきました。

 

マティス展、

カンディンスキーやジャンセンに惹かれたこともあったのですが、

結局、残ったのは、マティス

ユトリロシャガールクリムト

さらに、ダリ、マグリットやキリコ、マン・レイ、クレー、ベルメール、ムーア、ミロなど

シュルレアリズムに惹かれたわけですが、

なんか、今となると、マティスなんですね。

スタジオに長らく、マティスの青い抽象画をレプリカですが、貼っていました。

妙に落ち着いたものです。

今は、バリの抽象画とミュージシャンの演奏の絵です。

 

古代メキシコ展、

マティスの赤のつながり、マヤの赤の女王を見たかったのです。

テオティワカン文明は、初めて目にしました。

マヤとアステカ、アステカの青もけっこう好きです。

で、この地域、メソアメリカといいます。

 

メソといえばメソポタミアですよね。

メソはmesos、ギリシャ語で、〜の間、中央middleの意味です。

ポタミアは、川、つまり、チグリス川とユーフラチス川ですね。

 

あと、横須賀美術館荒井良二展や川崎水族館など、

いろいろ訪ねましたが、またいつか。

fukugen.hateblo.jp

fukugen.hateblo.jp