日本の報道タブー

◯日本のタブーの崩壊

日本の新聞社には、三つのタブーがあります。

うかつに報道してはならないというものです。

創価学会の鶴タブー、警察の桜タブー、電通のタブー。

もちろん、テレビでは、有力な大手プロダクションがタブーですね。

 

よく知られているところでは、

菊タブー〜皇室

 鶴タブー〜創価学会

 菱タブー〜暴力団山口組の山菱の代紋

 荊(いばら)タブー〜同和団体部落解放同盟の団体旗

 桜タブー〜警察

電通タブー

芸能プロダクションタブー

スポンサータブー

財務省タブーなどでしょうか。

報道のタブーは、ほかにも、多くあります。

 

それでも、今回、手が入ったのは、抑えが効かなくなった、その第一歩でしょう。

検察にもかなりの恨み、つらみが募っていたとみえます。

団塊世代までのズブズブ関係が、さすがに弱まっていき、その後の忖度組はもはや、隠す知恵も力もなくなってきたわけですね。

これから、社長や理事には、賢い人は就任しなくなるから、ますます大変になるでしょうね。