談合、癒着の団子状態  映画「ブラックボックス」

◯映画『ブラックボックス:音声分析捜査』#

航空機が墜落すると、必ずヴォイスレコーダーというのが、焦点になってきます。フランスでヒットしたというのもあって、観ました。音声分析というよりは、ミステリーですね。大企業の不正問題、キーマンが、妻に友人に上司とまさにドラマならではの設定。分析関係には、疑問だらけですが、まあ、エンターテイメントということで。

 

#<原題:Boîte noire、英題:Black Box)は、2021年製作のフランスの映画。ヤン・ゴズランが監督・脚本。最新型航空機がアルプスで墜落し、乗客・乗務員全員の死亡が確認されたことで、航空事故調査局の音声分析官が、事故の原因調査の責任者として任命されることになる。>

 

で、現実版、、。

 

◯広告代理店らの談合、癒着

<経済産業省は、東京五輪パラリンピック大会運営事業を巡る談合事件で起訴された博報堂東急エージェンシー、セイムトゥーに対し、入札参加資格を9カ月間停止した。補助金の交付も停止する。ADKマーケティング・ソリューションズ、KADOKAWA、大広も停止措置とした。大広のみ期間は半年。12/5yahoo ニュース>

<東京五輪では、組織委の元次長や電通、業務を受注した制作会社セレスポとフジクリエイティブコーポレーションの幹部や役員計4人が独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、東京地検特捜部に逮捕。>

 

それは、政治家に彼らが、近づいていく理由です。大手広告代理店は、社葬まで請け負っているのです。癒着した会社などが中抜きして、マネーロンダリングから、スキャンダルのもみ消しまで何でも請け負っているわけです。縁故だらけのズブズブな関係です。

財界と政界に、癒着した事件、いや事件として、ようやくあがった一件です。

 

日本の政官財のリーダーの資質は、とても衰えています。

資本主義や民主主義の構成のルールなど、適用されてないのは、あいかわらずの日本の現状ですが、もはや、ほころびないようにできなくなってきたのでしょう。

 

続けます。