fukugen(福言):出会い気づき変わるためのヒント

「モチベートがかからない」とか「やる気がでない」という質問をよく受けます。私は、人との出会いや映画、音楽、本などに救われてきました。なかでも、人のことばは、大きな意味をもちました。これからは、そういうことを思い返しながら、生きていくのに基礎となった一般教養や歴史、データなどのピースを散りばめていきます。ご興味があれば、そこからググってください。あなたがこの社会と結びつき、生きていくエネルギーとなるのに、少しでもお役立ちできたらうれしいです。[2021/08]

科学技術での距離

1816年、聴診器が発明されると、そこからほんの少し、医者と患者間に距離ができたといえます。聴診器分の隔たりができたのです。それでも、医者は、必ず手で触診していたでしょう。レントゲンのX線では、さらに離れます。ドアを締め、出ていきます。放射能を治療者が浴びてはならないからです。

遠隔治療ともなると、接触そのものがなくなります。イメージでの共有、動画レベルでの診断です。遠隔で患者に気を送って、治す気功師のようなことが当たり前になってきたのです。

そうなると、面していないために出てくる不安や不信へのケアも必要でしょう。テクノロジーと五感の関係は、科学と医療の問題として、便利になりつつ、問題もまた潜在していくのでしょう。

まったく関係ないのですが、昔、次のような秀作コピーがありました。

ー愛し合っているなら、0.03ミリ離れなさいー、

岡本理研ゴム、スキンの宣伝です。これも科学技術か。