官製不況と雇用問題

官と民間の違いは、官は収入なくとも支出できるというシステムのため、
効率の悪い方が潤うということだ。若い人が何も関心ももたず、新聞さえ読まない。
老かいな年寄りに将来を奪われかねない。政府は失策を失策でカバーして
経済を回しているというか、雇用問題といっても、儲けてこそはじめて配分できる。
仕事を選び文句もいうような人では、パートナーとしても成立しないではないか。
ベンチャーが否定され、また偽エリートを目指す「東大生のノートは・・・」などが
ベストセラーとなる。金融が崩壊して、日本は車が影響受けているのです。
アメリカ、中国に輸出できないと成り立たない国だから。