力の支配への盲従 「なれの果ての僕ら」

◯個人と組織

ドラマ番組『なれの果ての僕ら』#

まさか、この作品を、ここで取り上げると思いませんでした。

力による支配というところでわかりやすいので、出します。

 

普通に考えれば、クラスを暴力で牛耳る、こんなわがままな独裁者は、皆で一気に力で抑えればよいだけです。誰も死なないためならともかく、順次、殺されている状況で、命令に従うクラスメイトたちは、見るに耐えません、かったるくてなりません。早送りばかりです、、。

 

マンガならまだしもドラマとしては、大きくリアリティに欠けるように思うのですが、日本の若い人はこうなのでしょうか。

手を出してはいけない」と、こういう状況にも、感情移入でき、見守れるものなのでしょうか。

だからドラマになるのでしょうけど、

日本人の、、、なれの果て?、、心配です。

 

ハイジャック犯に、乗客が一気に押さえ込んだという事件は、時折、あります。自爆テロ等の場合でしたら、そのままでは全員死ぬので、生き延びたければ、命がけの自衛行為、力による排除は、当然でしょう。

暴力はいけないと言って、説得しようとしても、多くの場合は、無理だからです。

正当防衛が認められる所以でもあります。

 

 

 

#『なれの果ての僕ら』

内海八重さんによる日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて、2020年に連載、その後『マガジンポケット』(同社)に、2021年7月まで配信。

2023年6月27日深夜より、テレビ東京系列で放送中。

同窓会のために集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、卒業生、夢崎みきおに監禁され、命の危機の極限状態での善性を試される。52時間の監禁劇。

真田透 / ネズ(井上瑞稀さん)。自己犠牲の塊のような人物。夢崎みきおと対峙する。

夢崎みきお(犬飼貴丈さん)元のクラスメイトを監禁、支配する。