ティナ・ターナーの死去とベストシンガー100

下記の、飛ばしていました。

ティナは、先のトニーベネットのまえに、亡くなっています。

 

ティナ・ターナー死去

(1939年11月26日 - 2023年5月24日)

ティナ・ターナーとして初めて舞台に立ったのは、1960年、アイク・アンド・ティナ・ターナー・レヴューの一員として活動。

 

「ア・フール・イン・ラヴ」(1960)

「リヴァー・ディープ-マウンテン・ハイ」(1966)、

プラウド・メアリー」(1971)、

「ナットブッシュ・シティ・リミッツ」(1973)

1980年代、カムバック、

1983年、シングル「レッツ・ステイ・トゥゲザー」から始まって

1984年には5枚目のソロ・アルバムである「プライヴェト・ダンサー」を発売、このアルバムの収録曲の中で一番売れた曲が、「愛の魔力」

1975年のロック・ミュージカル「トミー」、

1985年「マッドマックス/サンダードーム」、

1993年の「ラスト・アクション・ヒーロー」など。

 

「ロックンロールの女王」「最も成功した女性ロック・アーティスト」と呼ばれ、

8度のグラミー賞、売り上げは、およそ2億枚。

ステージ上での精力的なパフォーマンスと力強い歌声が魅力、経歴も長い。

 

 

 

ついでに、だいぶ偏りがありそうですが、、

 

◯歴史上最も偉大な100人のシンガー(100 Greatest Singers of All Time)

 

雑誌ローリング・ストーンが選出し、2008年11月27日(#1066)の特別号に掲載した、

歴史上最も偉大な歌手トップ100人のリスト。対象は、ロック世代に限定。

選考委員は179名で、自薦他薦問わず各自20人ずつ候補者を推薦する方式。

選考メンバーには、ジャーナリスト、プロデューサー、レコード会社関係者などの専門家に加え、アート・ガーファンクルブルース・スプリングスティーンジョージ・マイケルジョン・メレンキャンプノラ・ジョーンズオノ・ヨーコロニー・ジェイムス・ディオら。

 

アレサ・フランクリン

レイ・チャールズ

エルヴィス・プレスリー

サム・クック

ジョン・レノン

 

マーヴィン・ゲイ

ボブ・ディラン

 

オーティス・レディング

スティーヴィー・ワンダー

ジェームス・ブラウン

ポール・マッカートニー

リトル・リチャード

 

ロイ・オービソン

アル・グリーン

ロバート・プラント

ミック・ジャガー

ティナ・ターナー

フレディ・マーキュリー

ボブ・マーリー

スモーキー・ロビンソン

 

ジョニー・キャッシュ

エタ・ジェイムス

デヴィッド・ボウイ

ヴァン・モリソン

マイケル・ジャクソン

 

ジャッキー・ウィルソン

ハンク・ウィリアムズ

ジャニス・ジョプリン

ニーナ・シモン

プリンス

 

ハウリン・ウルフ

ボノ

 

スティーヴ・ウィンウッド

ホイットニー・ヒューストン

ダスティ・スプリングフィールド

ブルース・スプリングスティーン

ニール・ヤング

エルトン・ジョン

 

ジェフ・バックリィ

カーティス・メイフィールド

チャック・ベリー

ジョニ・ミッチェル

ジョージ・ジョーンズ

ボビー・ブランド

カート・コバーン

 

パッツィー・クライン

ジム・モリソン

バディ・ホリー

ダニー・ハサウェイ

ボニー・レイット

 

グラディス・ナイト

ブライアン・ウィルソン

マディ・ウォーターズ

ルーサー・ヴァンドロス

ポール・ロジャース

メイヴィス・ステイプルズ

エリック・バードン

クリスティーナ・アギレラ

ロッド・スチュワート

ビョーク

ロジャー・ダルトリー

ルー・リード

ディオン

アクセル・ローズ

デヴィッド・ラフィン

トム・ヨーク

ジェリー・リー・ルイス

ウィルソン・ピケット

ロニー・スペクター

グレッグ・オールマン

トゥーツ・ヒバート(英語版)

ジョン・フォガティ

ドリー・パートン

ジェームス・テイラー

イギー・ポップ

スティーヴ・ペリー

マール・ハガード(英語版)

スライ・ストーン

マライア・キャリー

フランキー・ヴァリ

ジョン・リー・フッカー

トム・ウェイツ

パティ・スミス

ダーレン・ラヴ

サム・ムーア

アート・ガーファンクル

ドン・ヘンリー

ウィリー・ネルソン

ソロモン・バーク

エヴァリー・ブラザース

リヴォン・ヘルム

モリッシー

アニー・レノックス

カレン・カーペンター

パティ・ラベル

B.B.キング

ジョー・コッカー

スティーヴィー・ニックス

スティーヴン・タイラー

メアリー・J. ブライジ

 

fukugen.hateblo.jp