「一風堂」の戦略

アイコンタクト、笑顔、声のトーン、主役を演じる。
「レンガ」か「壁」か「教会」か、何をつくっているのか。
人の心を癒す空間 2.5秒の間の悪さ 気持ちのよい間。
「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」
店は舞台。だらけた舞台にしない。
女の子一人で入れる店、博多一風堂

彼女の両親を迎える笑顔、お客さんはいない、個人がいる。
「どうやって驚かせよう。」「どうやって負けたと思わせようか。」
変わらないために、変わり続ける。
コアを守るために、変わり続ける。
守るためには、常に波風のあたるところに出て行かないといけない。
「大変ばい、覚悟はしとるか」

店員女性4割、荷物入れ。演劇の経験が生きる。
楽しく食べてもらう空間づくり。
「ありがとう」 「あたたかい気持ち」
「また来たいなあ」 「笑顔をつくる」
「ありがとう」と「笑顔」を忘れない。握手とサイン。
カンブリア宮殿一風堂」)