fukugen(福言):出会い気づき変わるためのヒント

「モチベートがかからない」とか「やる気がでない」という質問をよく受けます。私は、人との出会いや映画、音楽、本などに救われてきました。なかでも、人のことばは、大きな意味をもちました。これからは、そういうことを思い返しながら、生きていくのに基礎となった一般教養や歴史、データなどのピースを散りばめていきます。ご興味があれば、そこからググってください。あなたがこの社会と結びつき、生きていくエネルギーとなるのに、少しでもお役立ちできたらうれしいです。[2021/08]

「日本のよさを見直し、悪さを直そう」

日本人たるもの、いいところもたくさんあります。競争や勝つことを第一としない精神、恥を重んじ、敗者をいたわる心、まあ、日本人には欠けてきた分、他の国々で気づかされることが多くなりましたが。私は今でも世界中がアメリカのようになるよりは、日本のようになる方がよいと思っています。日本がそういう国の上の国際的な組織の長は、日本人でなくてもよいのですが。日本の首相も日産のゴーンのように外国人にしてみる時機ではないでしょうか。今の世界において、もはや、対応できる人が見あたらなくなってきている。ギリギリの時機ではないでしょうか。

日本でよく気づくのは、次のようなことなので改めてください。(とくにお年寄りと女性に対して。)
・ドライバーが、歩行者が渡ろうとするのに止まらない。
・網棚に荷物をあげない。
・席をゆずらない。
・ドアをあけたあとうしろの人を気づかえない。
私たちはー声さえかけなくなってきているのです。背面への気づかいは、欧米で徹底しているマナーですね。
このまえ、イギリスから帰ってきた人は、バスなどでボタンを押したり、降りるのに外国人は背中にも声がひびくから、よくわかると。