給料泥棒とキューキュー利用しゃ(1)

従業員には国の保障があり、会社がつぶれてもキューキューでも失業手当があり、利用しゃいい(久々に苦しい)。働いた時間で金がもらえる。それは、そうなっても払ってくれる人がいるからですわ。払う人になって、経営者なら、そんな甘えも通じない。失業手当もない。ラーメン屋の店長は、30万円を従業員に払ったら、自分はゼロ、それでは食えないから、だから自分一人でやらなくてはなりません。60万円稼げなければ、一人雇えません。その代わり、二人雇って100万円入ったら、店に出なくてもよくなり、もう一軒出せるかもしれません。労使で分ける時代ではないのよ、もう。