名古屋紀行

名古屋は、空港開設ブームにわいている。劇団の仕事でちょこちょこよるが、

いつもこの地は、あたしに海外から日本へ戻ってきたような、平成から昭和に戻ったような安堵とともに、どうしようもない思いをつきつけてくるのよね。でも、それを味わって必要を感じる。そこで、駅前の安ホテルに泊まる。

ユースホステルみたいで、海外のホテルを思い出す。

60歳をとうに越えた漫才師のような人の洋食屋でミソカツを食べる。

それにしてもなぜこんなに散髪屋が多いのかしら。それに負けて髪を切る。

1700円とか2000円、やっとみつけた喫茶店で、カップ皿にこぼされたコーヒーを飲む。

駅前もスタジオ前もホテル前もファッションヘルス

ぐちっているのではなく、なつかしんでいる。

あたしは、海外が多いから、この傍若無人そのインターナショナル性は好き。

幼稚園まで4年ほどここに住んだことがあるから、名古屋人の味方なのよ。